髪の毛を太くする育毛剤をお探しの方へ

頭が寂しくなるというと、髪の毛が大量に抜けてボリュームがなくなったり、頭皮が目立つ部分というイメージが強いかもしれませんが、実は髪の毛が細くなってしまうだけでも頭が寂しくなった印象を与えてしまいます。このように、髪の毛が細くなることに頭を悩ませている方も少なくないでしょう。今回は、髪の毛を太くする効果が特に期待できる育毛剤をご紹介したいと思います。

意外と知られていない、養毛剤・発毛剤・育毛剤の違い

育毛グッズはたくさん販売されていますが、意外と養毛剤と発毛剤、そして育毛剤の違いについてはご存じない方が多いようです。

 

まず養毛剤というのは、頭皮の環境を整え、脱毛を抑えて、今生えている髪の毛の健康を維持するのを主な目的としているものです。頭皮環境や髪の毛の健康維持が第一ですので、他の2つと比べると目に見えて効果が見られるものではありません。養毛剤は化粧品の一部に分類されています。

 

発毛剤というのは、髪の毛が既に抜けてしまった部分に新しく髪の毛が生えてくるように促すのを目的としたものです。発毛を促進する成分を主としており、医薬品に指定されているものが多いため、病院やクリニックで医師に処方されるか、薬剤師がいる薬局・ドラッグストアでのみ購入可能です。

 

「髪の毛を太くしたい」という方に最も適しているのは、育毛剤です。養毛剤に似て今生えている髪の毛の健康を保つものですが、養毛剤より効果が高い成分が含まれており、主に医薬部外品、商品によっては医薬品に指定されているものもあります。

 

この違いを知っておけば、自分に合ったものを見つけやすくなるかと思いますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。

おすすめの育毛剤は?

では、違いもわかったところで、効果が高いと話題のおすすめ育毛剤をいくつかご紹介します。

 

一つ目はワカ(WAKA)です。一般的な育毛剤は、育毛成分にアルコールや水を加えて作られているため、効果が薄められているわけですが、こちらは育毛効果のある8種類の生薬を原液のまま配合したもので、厚生労働省からも認可されている育毛剤です。制約への影響を考えて、化学成分などは使われておらず無添加です。返金保障がある育毛剤も最近は多いですが、ワカは注文から90日間と返品期間が長めに設定されています。「毛が太くなって、セットする時に立ち上がるようになりました」との口コミが見られました。

 

二つ目はM1育毛ミストです。2013年にイギリスで行われた第7回世界毛髪研究会議で最優秀賞の“マイクロセンサー理論”という最先端育毛理論を発表したサラヴィオ中央研究所が研究から製造まで手がけているもので、アルコールや防腐剤なども使っていない無添加の育毛剤です。「今の頭は太い髪の毛で茂っています」、「しっかり太くなりました」といった口コミが見られ、効果も期待できそうです。

 

そして三つ目に、チャップアップです。センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCという3つの育毛効果の高い成分を含むと同時に、主に自然由来の成分44種を配合した無添加無香料の育毛剤です。パッチテストも実施されていて、金属アレルギーやアルコールアレルギー、敏感肌の方でも使えます。育毛剤のランキングでは顧客満足度、おすすめ育毛剤、最も期待できる育毛剤の3部門で1位を獲得し、大変注目を集めており、20代から60代までの男女に愛用されているとのこと。ネット上では「少しずつ毛が太くなってきました」、「根元のあたりがしっかりしてきました」などの口コミが見られました。

 

他にもポリピュアEXやボストンスカルプエッセンスなど口コミの良い育毛剤があります。

 

 

まとめ

 

最近は本当にいろいろな育毛剤が販売されていて、手当たり次第試している方もいらっしゃるのではないかと思いますが、口コミなどを参考に(人によって効果は違うので、鵜呑みにはしないように)、しっかりと自分に合った育毛剤を見つけましょう!

 

こちらでは男性用の育毛剤の中でおすすめ順にまとめてますので参考にしてみてください。